本文へ移動

英語教育(4技能)

 グローバル教育 
<特色ある英語教育と実践的な英語活動>
 1949年の創立以来、英語教育に力を注いでいます。全員が中学3年生までに英検3級、高校2年生までに英検2級の取得目標を掲げ、全校で校内受験を実施しています。さらに、高校1年と2年では、GTEC for Students を全員が受験し、1年間の英語の伸び率は毎年高く評価されています。また、ネイティブスピーカーが指導する本校オリジナルの英語授業「GU(グローバルアンダースタンディング)」では、文化的な背景を理解しながら、実践的な英語力を育成しています。
 その他にも、毎年、中学では「Communication Contest」、高校では「English in Action Contest」を校内で実施し、生徒達が生き生きとした英語発表をしています。
 
 海外研修プログラム 
<国際交流・異文化体験>
 世界へ心を広げる機会として、2018年12月よりドイツへの研修旅行がスタートしました。教会や美術館を訪れたり、ジーゲン・バッハ合唱団との交流など、充実した内容となっています。また、ニュージーランドにあるヴィラ・マリア・カレッジ校との交流は、毎年、継続的に実施しています。
 高校1年生の修学旅行では、カナダ・バンクーバーを訪れ、全員が2泊3日のホームステイ体験やグループ別研修などによって、異文化交流を深めています。
 
 GU -Global Understanding- 
 本校でG.U.とよんでいる外国人教師による英会話授業は、文化的・社会的な背景を理解しながら、実践的な会話の習得を目指しています。留学生との交流も盛んです。
 WE -World Englishes- 
 2018年度から希望者を対象に『オンライン英会話』をスタートしました。2019年度からは、本格的に3年生から5年生の生徒全員が授業中に実施していきます。教室にいながら、海外の講師とつながる「Online英会話レッスン」です。1対1だからこそできる生徒の状況に合わせたアプローチは的確で、とても楽しそうにやりとりしています。普段の授業で習ったことをOSTで実際に使ってみて、「伝わる」喜びを感じながら英語学習に前向きに取り組んでいます。

検定について

英検とは・・・

正式名称を「実用英語技能検定」といい、年3回実施され、年間受験者数が約230万人の国内最大規模の英語検定試験。大学での入試優遇や単位認定など、社会のさまざまな場面で広く認められています。
日本英語検定協会は、英検の実施や出版物の発行などの事業を通じて、英語能力の養成のために活動をしている公益財団法人です。

GTECとは・・・

継続的に英語力の伸びが測定でき、「聞く」「読む」「話す」「書く」のスコア型4技能検定。
2017年度は、年間延べ受験者数が約102万人(見込)。スコア単独型検定(3技能受験者含む)での実施。
英語力が具体的なスコアでわかり、オフィシャルスコアを大学入試に活用できます。

2018年度 英語検定 奨励賞

 
 
 
2019年3月29日(金)
奨励賞を受賞!
 
日本英語検定協会の成績優秀団体選考委員会において、本校が「奨励賞」に選ばれました。

2017年度 英検で全国5校に選ばれました!

2018年3月26日(土)
ブリティッシュ
  ・カウンシル
 駐日代表賞(団体の部)
     を受賞しました!!
 
この賞は、英検の取得率が最も高かった団体に贈られます。暁の星が、全国5校の中の1校に選ばれました。

2017年度 英検合格状況(2018年3月調査結果)

中学では、ほとんどの生徒が目標を達成!! 昨年より達成率が大きく上昇しています!!

2級
準2級
3級
4級
5級
目標達成率
昨年度の
目標達成率
(2016年度)
5年(高2)
28人
36人
17
3
0
33.3%
46.8%
4年(高1)
15
39
20
5
0
67.5%
64.0%
3年
3
44
36
5
0
94.3%
64.8%
2年
1
11
48
20
3
96.4%
75.5%
1年
0
1
5
19
27
98.1%
97.6%
※ 各学年の合格目標
  ・5年(高2):2級
  ・4年(高1):準2級
  ・3年    :3級
  ・2年    :4級
  ・1年    :5級
5年(高2)の中には、準1級取得者もいます!
TOPへ戻る