教育の特色

全人教育

神に名指しで呼ばれたかけがえのない存在である生徒、一人ひとりの上に描かれている未来の夢が実現するように、調和のとれた豊かな発達を目指して、全人教育を行っています。

知育

新しいことに興味関心を持ち、先人の残した知識を学び、考える力、判断する力を育成する中で、自ら学ぶ力を身につけ、学ぶことの喜びを体得して欲しいと願っています。

徳育

人生とは絶え間ない選択であると言われています。本校は、常によりよいもの、善を選び取る意志を鍛錬する道場であります。人に迷惑をかけない、悪を行わないという消極的な段階にとどまることなく、積極的に他者を思いやる心と優しさをもって、社会に奉仕できる人材の育成を目指します。

体育

各自がその使命を果たしていくためには、健康な体を鍛えることが大切です。スポーツと規律正しい生活によって、健康を増進し、強靱な体力と精神力を身につけさせたいと願っています。

宗教的情操教育

全人教育は、宗教心を育てることによってはじめて完成するものです。偉大なる存在に生かされていることへの感謝と謙虚な心を持ち、素直に自分の非を認めて詫びる心と赦す心こそ、キリストの教えの核心です。将来、どんな困難に直面しても、希望を持ち、信頼して祈る心を身につけたいものです。

六年一貫の女子教育

六年一貫の女子教育
男女がそれぞれの特徴を伸ばしていく大切な時期である中学高校時代。生徒が、女性として授かっている豊かな能力を伸ばしていけるよう、女子教育に徹し、六年間一貫した価値観のもとで学びます。「暁の星」という本校の名前は、聖母マリアを示す名です。明け方の空に、一際美しく輝くあけの明星は、清らかな光を放ちながら朝の訪れを告げ、人々に生きる希望を与えます。このあけの明星に象徴される聖母マリアを、女性の模範として仰ぎ、マリアのように清く、優しく、人々に喜びと希望を与えることのできる、賢明な女性を社会に送り出すことが、暁の星の使命なのです。

国際的な精神の育成

国際的な精神の育成
創立の初めから、国際的な精神とセンスを養うことを大切に、語学教育に力を入れてきました。狭い自己中心主義を脱し、広く他者に、世界に心を開くこと、異文化を理解し受け容れる広い心を育てることができるよう、コミュニケーション能力としての英語力の習得に努めています。留学生の受け入れや、異文化体験の機会も積極的に取り入れています。

進路の開拓

進路の開拓
21世紀は、女性が活躍する時代です。生徒が自己の内に秘めている無限の可能性にチャレンジし、真の自己実現を果たすことによって、自分に課された尊い使命を果たしていくことができるよう、各自の夢の実現に向かって、きめ細やかな進路指導を行っていきます。