学校案内

学校案内
 
暁の星はすべての人間が神の愛子であり、
神にかたどって創造されたかえがえのない存在であるというキリスト教精神に基づき、
生徒一人ひとりの全人格的な発達を目指しています。

沿革

1949年4月   福山暁の星女子中学校開設
1952年4月   福山暁の星女子高等学校開設
1956年12月   雨天体操場落成
1962年2月   講堂落成
1963年4月   運動場完成
1967年12月   体育館落成
1968年5月   家庭科教室落成
1970年9月   運動場拡張工事完了
1974年7月   特別教室等改造工事完了
1978年2月   ジャンヌ・ダーク落成
1980年3月   福山暁の星教育研修センター落成
1980年6月   水泳プール落成
1984年5月   新体育館落成
1986年4月   聖堂落成
1994年4月   東校舎(6年生教室・図書館)落成
1998年8月   新講堂落成
2005年9月   イレーヌ館改修工事完了
2010年~   
2012年9月  
本校舎耐震補強工事完了
2012年3月  
 
 
リージェント・クリスチャン・アカデミー
(Regent Christian Academy)
姉妹校提携(カナダ)
2013年3月  
 
 
 
サレハ・ゲンティング・ハイランドスクール
(S.M.S. Saleha Genting Highlands,and,Highlands International Boarding School)
姉妹校提携(マレーシア)
2015年3月  
 
 
ヴィラ・マリア・カレッジ
(Villa・Maria・College)
姉妹校提携(ニュージーランド)
創立者 マリー・テレーズ・ド・スビラン
創立者 マリー・テレーズ・ド・スビラン
本校設立母体は、援助マリア修道会(本部・パリ)です。同会は1864年、マリー・テレーズ・ド・スビランによって創立されて以来、その国、その時代の社会の要求に応えて、神と人々に奉仕しています。
1947年に4人の修道女が来日し、人々に、キリストによって生きる希望と喜びを伝えるために、福山暁の星学院を設立しました。現在は、幼稚園、小学校、中学校、高等学校を有する総合学園として、それぞれの発達段階に応じた一貫教育を行っています。