縦割り混合保育

社会性を育てる縦割り混合保育

クラスの中で5歳児(年長さん)、4歳児(年中さん)、3歳児(年少さん)が一緒にすごしています。
 
年齢の違う子どもたちが一緒に生活することで、
 
自然にいろいろな仲間を観察し、模倣し、学んだり教えたりしています。
 
お互いが助け合い、思いやりをもった子どもたちに育っていきます。

縦割り保育の日常

3,4、5歳児が一緒にモンテッソーリ作業をしています。
「お兄ちゃん、お姉ちゃんたちがどんなお仕事をしているのかな・・?」
年齢が下の子どもたちは、興味深々です。
     モンテッソーリ作業の中で、5歳児が4歳児を        手伝ってあげていました。
       「ここは、こうするんだよー」
散歩に行く時は、5歳児が3歳児の手をしっかりつないでくれています。
 外遊び。3,4、5歳児のみんなで力を合わせ   ました。