本文へ移動

ドイツ研修旅行

2年前に本校を訪れたドイツの「ジーゲン・バッハ合唱団」との交流がご縁となり、今回の研修旅行が実現しました。
現地からの様子を、随時、お知らせしていきます。お楽しみに!

2018年12月22日(土)

夜明け前、たくさんの保護者の方々に見送られながら、生徒達が「ドイツ研修旅行」に出発しました。
ドイツと日本の時差は8時間です。
現地時間の22日(土)の午後、無事、ドイツに到着しました。まず最初にマルティニ教会を訪問し、ジーゲン・バッハ合唱団の皆さんとの交流会に参加しました。楽しそうに歌う皆さんのコーラスは、心に響くとても素敵な歌声でした。また、私たちが歌った「愛のわざ」を聞き、とても喜んでくださっていました。

2018年12月23日(日)

2日目の朝は10時にホテルを出発し、クリスマスマーケットでショッピングを楽しんだり、ルーベンス美術館の見学をしました。その後、マルティニ教会を再び訪問し、パイプオルガンについての説明を聞きました。生徒や渡辺先生も弾かせてもらい、貴重な体験となりました。
生徒達は、みんな元気です。

2018年12月24日(月)

今朝は、近くのスーパーマーケットに歩いて買い物に行きました。
夕方、タール教会までバスで移動してミサに参加しました。ミサの中で私たちの紹介をしてくださり、一緒に歌を歌いました。
夜の9時半からは、ピーターアンドパウロ教会のミサに参加しました。高畑さんのバイオリン演奏や教会の合唱団の素敵な歌もあり、とても素晴らしいミサとなりました。ドイツでこのような素敵なミサに参加させていただき、一緒にクリスマスをお祝いできたことは、私たちにとって忘れられない一生の思い出となりました。

2018年12月25日(火)

3日間過ごしたフランクフルトを出発し、電車に乗ってケルンに移動しました。
みんなで電車の旅を楽しみました。
午後から、ケルン大聖堂を見学し、夕方には『Chorvesper』というミサに参加しました。このミサは、合唱団による歌がメインのもので、大聖堂に響くオルガンと歌声を堪能しました。

2018年12月26日(水)

ホテルで朝食を済ませ、地下鉄でケルン中央駅に移動し、電車でフランクフルトに戻りました。
シュテーデル美術館を見学し、印象派の絵画、レンブラントのサムソンとデリラ、フェルメールなど、素晴らしい絵画を見ることができました。
夕食後に今回の研修旅行の振り返りを行いました。ケルン大聖堂の見学やジーゲン・バッハ合唱団と一緒に歌えたことなど、たくさんの思い出ができたようです。
今日は、朝から気温が下がり肌寒い1日でした。

2018年12月27日(木)

ドイツ最終日です。
ホテルで朝食を済ませ、ホテルを出発しました。
フランクフルト国際空港から21時35分に出発し、関西国際空港に明日の朝、8時40分に到着する予定です。
約11時間のフライトです。
 

2018年12月28日(金)

無事、8時42分頃に関西国際空港に到着しました。
10時頃、スクールバスに乗って福山に向けて出発しました。
予定よりも少し遅れましたが、全員が無事に学校へ到着しました。
学校法人 福山暁の星学院
〒721-8545
広島県福山市西深津町三丁目4番1号
TEL.084-922-1682(学院直通)
FAX.084-925-1533(学院直通)
※ 個別のお問い合わせについては
下記までお願いいたします。
(中学・高等学校)
TEL.084-922-1682
(小 学 校)
TEL.084-923-5264
(保育園・幼稚園)
TEL.084-923-4244
 
TOPへ戻る