本文へ移動

新着情報  おしらせ

教室訪問<図書部>
2022-11-22
日本の古典に親しんでもらえるように、
図書部が昼休憩にクラスを回っています。
 
寸劇の内容は、落語の『じゅげむ』。
 
長い時代を経て練り上げられた古典落語は、
現代人の心に響く名作が多いです。

おなじみの『じゅげむ』は、産まれた男の子に元気で長生きする
名まえをつけてやりたいという親心から、
とんでもなく長い名まえをつけて巻き起こる笑い話です。
 
終わった後、1年生が
「名まえが長すぎて、言ってる間にたんこぶがひっこんだのが面白かった」
「長い名まえなのに、間違えずに言えてたのがすごい!」
と感想を言ってくれたので、最後に図書部でもう一度、長い名まえを唱えました。
 
教室が、笑いと温もりに包まれ、よい時間でした。
TOPへ戻る