本文へ移動

学校長ブログ

学校長ブログ(2020年度)

平和のいのり

2020-08-06
 今年は休校の遅れを取り戻すために、1学期の終業式を8月7日としました。そこで、本校にとって初めて8月6日を子どもたちは学校で過ごすことになりました。被爆直後、「75年は草木も生えぬ。」といわれた広島。見事に復興を遂げ、今年は75年目の節目を迎えました。
 この日特別に8時15分に鳴らしてもらったアンジェラスの鐘を合図に、広島平和記念式典に参加されている皆様と共に、黙とうを捧げました。その後、教頭先生から原爆についてのお話をしていただき、祈りの気持ちを込めて放送の伴奏に合わせ「折り鶴」の歌を歌いました。
 平和学習をした後の6年生の感想を一つご紹介します。
 
 太平洋戦争で核兵器の恐ろしさを知ったのに、ビキニ沖水爆実験や長距離弾道ミサイルなど、新たな核兵器を作っている国があります。ぼくたちは、そんな世界のまま受け継いでいくわけにはいきません。
 今、新型コロナウイルスによって世界中が混乱に陥っています。世界全体で何百万人の方々が犠牲になっています。半年でこれくらいなのに、原爆は1日で10万人以上の命を奪いました。
 冷戦終結時には「核兵器を2万発減らす」と言っていたのに全く減る気配はありません。このままいけば、将来大きな戦争が起きてしまうかもしれません。そうならないためにも、前の世代から次の世代に核兵器の恐ろしさを伝え、平和を受け継いでいくことが大切だと思いました。
 
 昨年11月に核兵器廃絶を訴えるために広島を訪問されたフランシスコ教皇様は「思いだし、共に歩み、守る」この3つは倫理的命令です。と言われました。
 「思い出し」は、子どもたちにとっては、何があったのか、なぜそのようなことが起きてしまったのかを知ることだと思います。
「共に歩み」は、松井市長の広島平和宣言の中では「連帯」という言葉だと思います。今の広島があるのは先人が「連帯」して苦難に立ち向かった成果であり、新型コロナウイルスという人類への新たな脅威を乗り越えるためにも、今こそ世界全体の「連帯」が必要。でも、残念ながら現実は自国第一主義が台頭しています。
 そして、「守る」。絶対に守らなければならないことは核不使用の原則です。
2020年8月6日、ヒロシマ原爆の日。学校で友達や先生と平和について考え、祈り、平和の担い手となることを誓ったこの日のことを生涯忘れず、平和の担い手として成長してほしいと心から願っています。私にとっても忘れられない特別な8月6日になりました。
 
TOPへ戻る