本文へ移動

シトラスリボンプロジェクト

シトラスリボンとは・・・

このプロジェクトは、コロナ禍の差別や偏見をなくし、みんなが暮らしやすい街づくりを目指した活動です。愛媛県から始まり、様々な場所に広がっています。
保護者の方からの協力もあり、すでに500個以上の素敵なリボンが完成しました。このリボンは近隣の公共施設やお店などに設置していただいています。生徒たちの思いがたくさんの方々に届き、この活動が広がっていくことを心から願っています。

〔1〕中国新聞社からの取材

2月8日(月)
初めて取材を受けました。
このプロジェクトへの参加のきっかけとなったのは、中学1年生の西田さん。少し緊張しながらも一生懸命に、このプロジェクトへの思いと希望を話していました。

〔2〕ラジオ放送

2月12日(金)
この活動について“エフエムふくやま”で紹介され、1年生の教室から生徒たちの元気な声を生放送でお届けしました。

〔日時〕2月12日(金) 11:00~11:05
〔番組〕しまラジ!!
    それゆけレ・ビン号パートⅡ

〔3〕福山市民病院に寄附

2月12日(金)
福山市民病院で行われた寄附受納式に参加しました。
新型コロナウイルス感染症と最前線で戦う医療従事者の皆様に、生徒たちが直接リボンを届けることができました。

その様子が紙面に掲載されました。
・中国新聞〔2021年2月13日〕
・ぷれすしーど〔2021年2月19日〕
中国新聞〔2021年2月13日〕
ぷれすしーど〔2021年2月19日〕

〔4〕福山市人権平和資料館に寄附

3月5日(金)
福山人権平和資料館で行われた寄附受納式に参加しました。
公共の施設にもご協力いただき、より多くの方々にリボンが届くようにと願っています。
ご来館の際には、ぜひ、リボンをお持ち帰りください。

〔5〕ビジネス情報に掲載

3月15日(月)

中国情報出版株式会社 発行の「ビジネス情報」(3月10日発行)に、生徒達の活動内容が紹介されました。
校内でリボンを作っている生徒達の様子や、啓文社ポートプラザ店にリボンを届けた時の様子も掲載されています。ぜひ、ご覧ください。

〔6〕読売新聞に掲載

3月25日(木)

代表の生徒たちが福山人権平和資料館にシトラスリボンを届けた時の様子が、読売新聞(3月25日)に紹介されました。
ぜひ、ご覧ください。

〔7〕福山駅前上映会に参加

3月27日(土)

生徒たちの活動ついて掲載された「ビジネス情報」の記事がきっかけとなり、福山ニューキャッスルホテルで開催された「福山駅前上映会」に招待されました。
司会サポートは、生徒たちに人気の広島エフエム 大窪 シゲキさん。映画「あん」はハンセン病がテーマで、監督の河瀬直美さんと主演俳優の永瀬正敏さんによるオンライントークもありました。会場入口では「シトラスリボン」コーナーを設置していただき、生徒たちの取り組みを紹介することができました。
久々の再会となった中学3年の
山田さんと大窪シゲキさん
朝日新聞(4月5日)の「9ジラジ新聞」のコーナーに、上映会についての記事が紹介されました。
ぜひ、ご覧ください。

様々な公共施設やお店へ生徒がお届けしています。

福山郵便局(2/15)
白ばら洋菓子店(2/15)
啓文社 ポートプラザ店(2/16)
啓文社 ポートプラザ店(2/16)
ニューキャッスルホテル(2/17)
ホテル鴎風亭(2/18)
吉長酒店(広島市)
カタオカ理容院(伊勢丘)
サイクルハウスケンズ(三吉町)
脳神経センター大田記念病院(3/2)
ざおう眼科
学校法人 福山暁の星学院
〒721-8545
広島県福山市西深津町三丁目4番1号
TEL.084-922-1682(学院直通)
FAX.084-925-1533(学院直通)
※ 個別のお問い合わせについては
下記までお願いいたします。
(中学・高等学校)
TEL.084-922-1682
(小 学 校)
TEL.084-923-5264
(幼稚園)
TEL.084-923-4244
(保育園)
         TEL.084-982-6815
 
TOPへ戻る