校長先生のお話

第64期生 卒業名
2017-11-16
第64期生 卒業名
桜凜会(おうりんかい)
 
 桜の坂道を凜々しい姿で通い続けた皆さん。また,本年度,桜の坂道が改修された年でもあることから,桜の文字を入れました。日本を代表する花であるとともに,本校の象徴の一つである桜ですが,この文字は,これまでの卒業名にまだ付けられていません。64期生であるあなた方が初めて頂く文字です。
 凜という文字は,皆さんの態度や姿が,いつも引き締まって頼もしく思えたことや気品を備え,いきいきとして賢い学年であるという印象から考えたものです。この凜という文字は,従来,きりっとした勇ましい様子等を表わすことから,男性に用いられることが多くありましたが,昨今では,いきいきとして賢いという意味合いも含め,気品のある女性に用いられることも多くなっています。まさに,卒業生の皆さんにふさわしい一文字だと確信しています。
 
 聖書には,次のような教えがあります。
 兄弟たち,主イエスに結ばれた者としてわたしたちは更に願い,また勧めます。あなたがたは,神に喜ばれるためにどのように歩むべきかを,わたしたちから学びました。そして,現にそのように歩んでいますが,どうか,その歩みを今後も更に続けてください。わたしたちが,主イエスによってどのように命令したか,あなたがたはよく知っているはずです。実に,神の御心は,あなたがたが聖なる者となることです。
 兄弟愛については,あなたがたに書く必要はありません。あなたがた自身,互いに愛し合うように,神から教えられているからです。
(テサロニケ第一4:1~3a.9)
 
 古くから,花といえば桜をさすことが多いように,あなた方も,本校の卒業生といえば「桜凜会」といわれるように,これからも,かけがえのない命を大切にしながら,しっかり前を向いて歩み続けてください。そして,輝き続けてください。あなた方の前途が,幸多きことを祈念しています。
校長 小野田 文明