校長先生のお話

ANYWAY (でも とにかく)
2010-07-06
  今年は、マザー・テレサ生誕100年にあたります。それを記念して、広島で「マザー・テレサ 写真展」が開催されていますが、多くの方が訪れているそうです。
 
 マザー・テレサは、マケドニアのスコピアで1910年8月26日に誕生しました。シスターになって、インドのコルカタの学校で20年間先生をしていましたが、イエスから受けた「内的な招きの声」に促されて、教師を辞め、最も貧しい人々を助ける生活に入りました。「死を待つ人の家」をはじめ、「見捨てられた子どもたちの施設」などを作り、そのお世話の中で、「あなたも大切な人なのですよ」というメッセージを人々に送りました。87歳でなくなるまで、他者に与えつくした日々を生きたシスターでした。 
 
   彼女はたくさんの言葉を残していますが、毎日人々と関わる中で、困難に出会う私たちにこのような励ましの言葉を残しています。 
 

   人は、不合理、非論理的、自己中心的になりがちです。 
      でも とにかく 人を愛しなさい。 
 
   あなたがいいことをしても、人はあなたを利己的な目的でしたというでしょう。 
      でも とにかく よいことをしなさい。 
 
   あなたの長い努力によって生まれた良い実りも、忘れ去られるでしょう。 
      でも とにかく よいことをしなさい。 
 
   誠実・正直であるために、あなたが傷つけられることもあるでしょう。 
      でも とにかく 誠実・正直でありなさい。 
 
  こつこつと築き上げたものが 崩れ去るかもしれません。 
      でも とにかく 築き上げていきなさい。 
 
   人は助けを必要としています。しかし助けると責められることもあるでしょう。 
      でも とにかく 手助けをしなさい。 
 
   持ち物の中で一番良いものを与えなさい。文句を言われるかもしれません。 
      でも とにかく 持ち物の中で一番良いものを人に与えなさい。

校長 朝廣絹子