新着情報  おしらせ

節分 ~低学年・生活科の授業~
2018-02-05
2月2日(金)の3・4時間目に低学年で「節分」をしました。
(例年は3日に行いますが、今年は土曜日だったので2日になりました。)
1年生と2年生の各クラスでお面・お豆など準備して臨みます。
3時間目に、1・2年生は体育館に鬼のお面をかぶって集まります。
自分が今年退治したい鬼をお面にします。
例えば「なきむし鬼」や「怒りんぼ鬼」など、子どもによって退治する鬼も様々です。
鬼の紹介を終えた後、先生たちが子どもたちに豆をまいて、子どもたちの心のおにを退治します。
心の鬼を退治した子どもたちは、今度は福の神のお面をかぶって変身!
福の神になって、暁の星小学校中の鬼を払いに行きました。
「あけのほしの おにたいじ 心のおにをはらいましょう!!」
低学年の子どもたちの元気いっぱいの声が学校中に響きます。
高学年の子どもたちも、低学年が来るのをそわそわしながら楽しみに待ってくれています。
暁の星小学校では、節分も「心の学び」の大切な場となっています。